2024/6/17 スタッフブログ更新しました!>

詳しくはこちら

南アフリカ産ピンクダイヤモンド

2023/08/21

今が買い時⁉
南アフリカ産ピンクダイヤモンドに注目!!

今日も、R.T.Diamondsのブログを見て頂き
ありがとうございます!

今回は、以前にも少しご紹介したことのある
ピンクダイヤモンド、
その中でも南アフリカ産のものについてのお話です。

2020年に閉山したアーガイル鉱山。
長年ピンクダイヤモンドの主産地として
築き上げてきた確かなブランド力は、
現在もカラーダイヤの中で
高い評価を受け続けています。

アーガイル産の
新たなピンクダイヤが産出されなくなった今、
世界はパステルカラー、
桜ピンクのキュートなピンクダイヤの産出地、
南アフリカ産のピンクダイヤに注目しています!

世界中からカラーダイヤを仕入れている
弊社社長ロイも、
肌でそれを感じています!!

世界的鑑定機関であるGIAや
ダイヤモンド業界の大手であるデビアスなどで、
最近では、トレーサビリティという
ダイヤモンドの原産地を証明するサービスが
始まっています。

そして、世界の大きな会社、
有名なブランドも、今、
南アフリカのピンクダイヤモンドを
どんどん仕入れて、
プロモーションを始めています。

そんな世界のマーケットの動きを見て、
これまではアーガイルに押されて
あまり脚光を浴びてこなかった
南アフリカピンクダイヤでしたが、
今後、R.T.Diamondsでは、
これをひとつのターゲットに
していくことに決めました!

世界のピンクダイヤの
90%以上の産出を誇っていた
アーガイル鉱山が閉山し、
ピンクダイヤモンドの希少価値が高まっている今、
以前アーガイルがそうであったように、
5年後、10年後には、
南アフリカ産のピンクダイヤモンドも
その価値が認められた
ブランド力を築き上げていくのではないかと
期待しています!

R.T.Diamondsではそんな可能性も秘めた、
美しいサウスアフリカピンクダイヤを
いくつか仕入れていますので、
気になった方は、是非見に来て下さい☆

ピンクダイヤモンド商品一覧

一覧へ

関連記事

×

直接手にとってみませんか?
こちらには掲載されていない店頭限定の希少ダイヤモンドもご紹介可能です!

来店予約をする