スタッフブログ更新しました! 2024.2.15>

詳しくはこちら

ファンシーカラーダイヤモンドについて

ピンク
ダイヤモンド

ピンクダイヤモンド

ピンクダイヤの産出量は、通常の無色透明のダイヤの0.01%、しかも1カラット以上の大粒は世界で年間で 数十個、2~3カラットクラスになると数個しか採掘されないといわれています。
ピンクダイヤモンドなどの希少価値は、ダイヤモンド鉱山から発掘産出されるダイヤモンドの1%以下です。
いかに、希少性が高いのかがわかると思います。
そのため価格としては、透明なダイヤモンドの200倍以上と言われています。

ブルー
ダイヤモンド

ブルーダイヤモンド

カラーダイヤモンドの中で一番価値が高いといわれるレッドダイヤと並ぶブルーダイヤモンドです。
そもそもブルーダイヤモンドは、結晶化の際にホウ素が混ざる事で青くなる事が判明しています。
しかしダイヤモンドが結晶化する程の地中奥深くにはホウ素が存在しない事から、この偶然は神様の気まぐれと表現されることもあるほどです。

オレンジ
ダイヤモンド

オレンジダイヤモンド

最高級の色合いのものは『パンプキンダイヤモンド』との愛称がつけられることもある、 かわいいカラーダイヤです。
色の具合、形によって全く違う印象を魅せてくれるのもオレンジダイヤの特徴です。

グリーン
ダイヤモンド

グリーンダイヤモンド

グリーンダイヤも非常に希少です。
最近人気の『アップルグリーンダイヤモンド』は、蛍光の非常に強い、イエロー・グリーン~グリー ン・イエローの色調を示す中々市場に出てこないダイヤです。
黄緑色に見えるダイヤですと、鑑定を取ると「Greenish Yellow」などと最後の色調が「Yellow」の ものがあります。こちらは、「イエローダイヤ」です。あくまで「○○ Green」となっているのがグリーン ダイヤですので、よく似ていますが評価・価格が全く違ってきますので注意が必要です。

イエロー
ダイヤモンド

イエローダイヤモンド

カラーダイヤの中では比較的入手しやすいイエローダイヤ。最高級とされる『カナリー・ イエロー』と称賛されるイエローダイヤは世界中の女性の憧れの的です。
ピンクダイヤやブルーダイヤに比べ大粒も入手しやすく、楽しみ方の幅が広いカラーダ イヤモンドです。

パープル
ダイヤモンド

パープルダイヤモンド

パープルダイヤもレッドダイヤ・ブルーダイヤに勝るとも劣らないカラーダイヤです。
紫色に見えても鑑定結果は「ピンク」ダイヤになったり、色が濃く見えると「ディープ」ではなく 「ブラウニッシュ」と評価されたり、どのお色味も同じパープルを見つけるのは難しく、特別感 のある色味となります。

レッド
ダイヤモンド

レッドダイヤモンド

レッドダイヤはその存在すら知らない人が殆どの『レア中のレア』 ダイヤです。
GIAの評価基準では、「Fancy Red」「Fancy Purplish Red」「Fancy Orangy Red」の3種類が基本としてあります。
とにかく産出量が少ないピンクの中からさらに選別されるカラーで すので、殆ど存在しません。

バイオレット
ダイヤモンド

バイオレットダイヤモンド

バイオレットダイヤモンドもやはり超希少です。
レッドダイヤモンドとほぼ同じくらい希少です。
パープルダイヤとバイオレットダイヤとの違いは、大雑把に言うと、パープル ダイヤは「赤紫」、バイオレットダイヤは「青紫」となります。
可愛いという表現よりは、かっこいいという表現が似合うお色です。

カメレオン
ダイヤモンド

カメレオンダイヤモンド

カメレオンダイヤとは、一定時間(一晩など)暗所に保管した場合や緩やかな加熱(アルコール・ランプなどで200℃~300℃程度)によって一時的に変色するダイヤモンドのことです。時間が経てば元の色に戻 ります。
一般的なカメレオンダイヤは、常温でオリーブグリーン~グレー系の色をもち、加熱後は淡いレモン色~ オレンジイエローの色調を持ちます。
加熱だけでなく、冷蔵庫などに一晩置いておき、朝出すと色がやはり変化しているものもあります。加熱 ほど目立った変化ではないですが、リングなどに加工しても色の変化を楽しめます。

ホワイト
ダイヤモンド

ホワイトダイヤモンド

ミルキーな乳白色のナチュラルホワイトダイヤモンド 通常の無色透明のダイヤとは全く違います。キラキラ輝きが強いわけではないので好き嫌いが分か れると思いますが、カラーダイヤモンドのコレクターでしたら避けては通れないカラーの一つです。
近年、ホワイトやグレーでも希少価値のあるやや高騰しつつあるダイヤモンドも出てきているそうです。

ブラウン
ダイヤモンド

ブラウンダイヤモンド

ブラウンダイヤはイエローダイヤ同様、産出量も多く、比較的安価に入手することができるカラーダイヤの一つです。ただ、勘違いしてはいけないのが「ブラウンダイヤ=粗悪品」では ないということです。
最高級の色合いのブラウンダイヤは「コニャックダイヤ」などと称賛され、コレクターの中でも 人気のダイヤです。
またライトブラウンも別名「シャンパンカラー」と言われるくらいクールな印象もあり、男女どちらにもお似合いのお色味です。

グレー
ダイヤモンド

グレーダイヤモンド

透明に少し黒がかったお色です。
控えめながらも協調性があり、さりげなくオシャレを楽しめるグレーダイヤモンドは、冠婚葬祭のどのシーンでも使えるので、 ぜひ一つ持っておきたいカラーダイヤモンドです。
無色透明のダイヤモンドよりカジュアルなので、日常使いでも 問題なく、全ての世代の方にオススメです。

ブラック
ダイヤモンド

ブラックダイヤモンド

ナチュラル(天然)のブラックダイヤも稀です。黒くなった原因は、暗色の微細な含有物が あるためです。
パッと見、オニキスやヘマタイトと勘違いする方もいます。しかし、輝きの強さは並べるまで も無く、圧倒的な違い、光の強さを感じられるはずです。
やはり、ダイヤモンドなのです。

×

直接手にとってみませんか?
こちらには掲載されていない店頭限定の希少ダイヤモンドもご紹介可能です!

来店予約をする